コンクリート テスターの基本原理を簡単に教えて!(CTS-02、CTS-03のシリーズ)の基本原理

CTSシリーズの基本原理について

 

ITS-Square社では、コンクリートテスター・ボルトテスターの使い方をわかりやすく紹介する動画を公開しています。

 

動画を見る時間がない方や、画像と文章で確認したい方は、こちらのページでご確認ください。動画ではわかりにくい部分の解説や、補足情報も紹介します。

 

今回はコンクリートテスター(CTS-02、CTS-03のシリーズ)の基本原理について解説します。

 

CTSシリーズの原理の特徴は、ハンマーにめ込まれた加速度センサーです。

この加速度センサーにより取得される打撃力波形に、すべての指標値の基となるデータが存在しています。

 

打撃力波形は縦軸が加速度横軸が時間という構成で導き出されます。

コンクリートは弾性体ですから、ハンマーで打撃すると打撃した表面は凹んで戻るという動きをします。

そのバネと同じ動きをイメージしてこの波形を見ますと大きく3つの特徴が見えます。

 

コンクリートテスター(CTSシリーズ) では、加速度センサーによる独自の技術で強度・劣化・剥離について簡単に調べることができます。

 

 

ご購入に関して

社会保障・税番号制度 国税庁法人番号公表サイト

KCEE合同会社 法人番号: 3030003019362

本器は基本的に弊社からユーザー様に直接販売する製品です。

ご検討いただく際には、お電話または
下記のお問合せフォームよりお気軽にお問合せください。

外出等でお電話に出られない場合がございます。
その際は後ほど、折り返し連絡をさせていただきますのでご了承ください。

KCEE合同会社について検索はこちらへ